default

禁煙外来

禁煙外来

私とタバコの付き合いはもう長い。

仕事の時などは本数がついつい増えてしまいますが、やめられない方は結構多いのではないでしょうか。

家族で喫煙者は私一人。最近では外出先でタバコを嗜むのも気を使うようなシーンが増えましたね。

何度かタバコをやめようかと思った時期もありましたが、やめては吸い、またやめては吸いの繰り返しで、最近ではもうやめようと思う事すら馬鹿らしくなってきたので開き直っています。

少し前に奥さんから「禁煙外来に行ってきたら?」と勧められましたが、行く訳でもなく、タバコがなくなれば奥さんに「買物ついでにタバコ買ってきてくれない?」とお願いし、しぶしぶ買ってきてもらう。こんな生活がもう10年以上続いています。

私の友人に70歳を過ぎた男性がいますが、この方はヨット仲間の一人。

彼は彼で自身のヨットを所有し、暇を見つけては遠方からやってきて数日感、ヨットに寝泊まりしながらメンテナンスをしたり、良い風が吹けばセイリングに出かけたりするのが日課のようです。

喫煙者の私は、彼と一緒にいてもタバコを我慢しません。

タバコを吸わない彼に気を使い「一服いいですか?」とお断りしてから吸いますが、よく聞くと彼も以前はヘビースモーカーだったそうです。

数年前に体を患った時、生死の境を経験した彼は、それ以降すっぱりとタバコをやめたそうですが、その彼も禁煙外来の力を借りてようやくやめたのだそうです。

お酒もたまに飲む程度、タバコはやらない。

今ではとても健康的な生活を送っている彼ですが、航空会社に勤めていた現役当時はストレスからタバコは欠かせなかったとの事。

「私も家内や娘に「臭い」「煙い」と言われながらもやめられなくてねぇ」と笑いながらお話されますが、私にとっても耳の痛いお話。

「もう少し値上がりしたらやめようかな」と言った途端「前にも同じ事言ってたで」と娘からすかさず突っ込みが入り、笑ってごまかすしかないのが現状です。

近くにある病院の前を通るたびに「禁煙外来」の言葉を思い出しながら素通りしてしまうのですが、そろそろいろんなところが衰えてくる年頃。

本気でやめようかなと考えつつ、ついついデスクのタバコに手が伸びてしまうのです。

禁煙外来